レーシック比較最前線

涙液検査


涙液の異常は角膜の傷の治り方に大きな影響を与え涙の量と質に深くかかわるドライアイの検査において必要不可欠な検査です。そのため、術前にドライアイの有無やその程度を把握しておくことは非常に重要です。検査方法は色素で染色して観察する方法(フルオレセイン)や、試験紙をまぶたに挟む方法(シルマーテスト)などがあります。


シルマー試験
涙の量を調べる検査でドライアイを診断するための代表的な検査方法です。ドライアイは、涙の量が不足して起こる病気で、診断には涙液が正常に分泌されているかどうかを調べることが重要になります。大きさが7×50mmほどの細い試験紙を下まぶたに5分入れ、涙で濡れた長さをはかる。
【参考】正常は10 mm以上、異常は5 mm以下

BUT検査(涙液層破砕時間)
涙液層破壊時間の検査。つまり涙液の保持力を測定します。検査方法はフルオレセインという黄緑色の色素を点眼し、瞬きをしないようにして表面の涙の膜が破壊される、乾燥する時間をを測定します。
【参考】正常は10 秒以上、異常は5 秒以下


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


シルマー検査
シルマー検査に使われる紙
レーシックの検査
 視力検査
 屈折検査
 細隙灯顕微鏡検査
 眼圧検査
 眼底検査
 涙液検査
 コントラスト感度検査
 角膜内皮細胞検査
 角膜形状解析
 血液検査



レーシック比較最前線