レーシック比較最前線

イントラレーシックを解説


レーシック】【イントラレーシック】【エピレーシック】【PRK(ピーアールケー)】【ラセック
イントラレーシック図解
【特徴】
強度の近視を矯正することができコンピューター制御で技量に左右されない手術



【手順】
@目を洗浄、局所麻酔の目薬を差します。
Aコンピュータ制御によるレーザーで厚さ約100μmのフラップを作ります。
Bエキシマレーザーを照射し、角膜を調整する
Cフラップを元に戻す
D点眼薬をつけて安静にすれば戻ります。

【メリット】
コンピュータ制御で技量に左右されない
強度の近視の人でも手術が受けられる
不整フラップの心配がない。
安定性に優れている。
ドライアイの発生率が低い

【デメリット】
歴史が浅いため将来的な安全性が不明
角膜強度の低下の心配がある
フラップの作成・接着時間が長い
手術時間がやや長く費用が多少高い



コンチェルトスーパーイントラレーシック(神奈川アイクリニック)(両目21万円)


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


索引
レーシック知識 レーシックの知識
 近視・乱視・遠視の仕組み
 レーシックって何?
 レーシックのメリット
 レーシックのデメリット
 誰でもできる訳ではない!
 LASEK(ラセック)とは
 レーシックを受けた有名人
 手術失敗の可能性は?
 レーシックの費用は高い?安い?
 手術の痛みはどれくらい?
 手術後の生活制限
 レーシック手術件数が急増
レーシック予備知識 予備知識
 レーシックを受けた有名人
 レーシック体験談
 進化するレーシック技術
レーシッククリニック クリニック検索
 北海道・東北
 関東
 中部
 近畿
 四国
 中国
 九州



レーシック比較最前線