レーシック比較最前線

LASEK(ラセック)とは


LASEK(ラセック)はレーシックと混同されがちですが別物です。視力回復手術であることは同じですが、こちらは角膜が薄い人角膜のカーブが正常でない人などレーシックを受けられない人のための手術方法です。

レーシックに比べ少し痛みが伴うとともに回復まで多少の時間がかかってしまう欠点があるもののレーシックを受けれない人にとっては注目の手術法です。

LASEK(ラセック)は特殊な薬剤を使い、角膜上皮(50ミクロン)のみのフラップを作ります。


トレパンにて切れ目作成 トレパンにて切れ目作成
角膜上皮に約50ミクロンの深さの切れ目を入れる
アルコールを満たす アルコールを満たす
角膜上皮をはがれやすくするために行う
上皮フラップを作成 上皮フラップを作成
エキシマレーザーを照射 エキシマレーザーを照射
フラップを閉じる フラップを閉じる
閉じた後しばらく乾燥
コンタクトレズ装着 コンタクトレズ装着
数日後に取ります


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


レーシック基礎知識
 レーシックって何?
 LASEK(ラセック)とは
 近視・乱視・遠視の仕組み
 レーシックのメリット
 レーシックのデメリット
 手術失敗の可能性は?
 金額だけで決めない
 手術の痛みはどれくらい?



レーシック比較最前線