レーシック比較最前線

ラセックを解説


レーシック】【イントラレーシック】【エピレーシック】【PRK(ピーアールケー)】【ラセック
ラセック図解
【特徴】
フラップを薄く作成できるので角膜が薄い人でも手術が可能です。近視や乱視が強い方、角膜のカーブが平均から外れている人も可能。



【手順】
@目を洗浄、局所麻酔の目薬を差します。
A角膜をアルコールに浸します。
B角膜上皮層だけをめくります。
Cレーザーを照射し、角膜を調整する
D治療用コンタクトレンズを装着

【メリット】
強度の近視や、角膜が薄い人でも受けられる
フラップがずれる可能性がない
角膜の強度が保たれる

【デメリット】
視力回復までに時間がかかる。
手術後、痛みを伴う。(PRKよりは軽いと言われています)
視力安定まで時間がかかる(片目ずつしか手術ができない)
アルコールで角膜への影響が懸念


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


索引
レーシック知識 レーシックの知識
 近視・乱視・遠視の仕組み
 レーシックって何?
 レーシックのメリット
 レーシックのデメリット
 誰でもできる訳ではない!
 LASEK(ラセック)とは
 レーシックを受けた有名人
 手術失敗の可能性は?
 レーシックの費用は高い?安い?
 手術の痛みはどれくらい?
 手術後の生活制限
 レーシック手術件数が急増
レーシック予備知識 予備知識
 レーシックを受けた有名人
 レーシック体験談
 進化するレーシック技術
レーシッククリニック クリニック検索
 北海道・東北
 関東
 中部
 近畿
 四国
 中国
 九州



レーシック比較最前線