レーシック比較最前線

人の目は何のためにあるか?


人の目はなんのためについているのか?という問いの答えは当然、「見るため」という簡単なものですが、何を見るためについているのか?というのが大事だと思います。

現代社会では、あまりにも近いものを長時間見ていると思います。私もそれは例外ではありません。パソコンに半日以上は向かっているので見ている距離は50cm程度です。テレビだって2m程度です。

本来、動物である人間の目は遠くの危険を察知するためのものでもありました、遠くの獲物を発見するためのものでもあります。人間本来の目の使い方とは現在はまったく違う使い方をしているからこそ、視力の悪い人がたくさん存在しているのだと思います。

現代社会は、遠くのものを見なくても生活出来てしまうのです。そのため、意識して遠くの景色を見なければならない状態です。生活には必要ない遠くの景色ですが、目には遠くの景色を見ると言う行動は重要な事なのです。

レーシックで直した視力を、レーシックをしないでも済んでいる人も意識して遠くの景色を見る時間をつくったほうが良いと思います。


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


視力に関する情報
 スポーツ選手は目が命?
 費用は高い?安い?
 ありがたみが分かる視力
 人の目は何のためにあるか?
 やはりメガネ生活は疲れる
 災害時の不安
 レーシックを受けた有名人



レーシック比較最前線