レーシック比較最前線

視力低下による災害時の不安


視力が悪いというあなたはメガネをしていますか?コンタクトレンズをしていますか?どちらにしても24時間体制で装着しているわけではないと思います。コンタクトレンズも24時間装着し続けるのは眼によくないことから睡眠時などは外す必要があるのです。

もしもの話ですがそんな時に大地震や火災が起こった時のことを考えてみてください。もしもの話ですがありえない話では無いのです。阪神大震災の時刻は冬の午前5時46分52秒です。この時間に起きていた人はどれくらいいたのでしょうか?

あなたはコンタクトレンズを装着してから逃げますか?メガネを探してから逃げますか?それとも見えない裸眼で逃げてしまいますか?その状態で大切な家族を守れますか?

可能性の話ですが、コンタクトレンズを装着やメガネを探す時間が大きな結果の違いを生むことだってあるのです。だからといってすぐにレーシック手術というのは行き過ぎかもしれませんが、視力が悪いという状況での様々なデメリットや危険性について考えておく必要はあると思います。

視力の違いが大きな命取りになることだって無くは無いのです。視力についてしっかり考える時間を作ってみてください。


視力に関する情報
 スポーツ選手は目が命?
 費用は高い?安い?
 ありがたみが分かる視力
 人の目は何のためにあるか?
 やはりメガネ生活は疲れる
 災害時の不安
 レーシックを受けた有名人



レーシック比較最前線