レーシック比較最前線

手術後の生活制限


レーシック手術の前後では生活に制限があります。たいした制限ではないと個人的には思うのですが、これができないと困るというのは人によって違うと思います。

ここではレーシック手術を受ける際に一般的に禁止されていることを記載します。ただし、あくまで一般的な知識ですので、詳細は実際に受けられる専門医にしっかりと確認して頂きたいと思います。

まずはコンタクトレンズを使用している人は外すようにします。一般的にハードなら3週間ソフトなら1週間とされています。これはコンタクトレンズによって角膜を圧迫し正確な検査ができないためです。

そして手術当日は香水・整髪料・化粧などもレーザー照射時に影響を与える可能性があるためできません。入浴も良くないそうなので前日までにしっかり済ましておきたい項目です。

愛煙家の管理人にはつらい話でしたが煙草も禁止となります。術後3日間の制限が設けられましたので愛煙家には覚悟が必要です。

術後翌日からは首下のシャワーに制限され入浴が許可されるのも3日後からです。ようやく化粧、洗顔、洗髪の許可が下りるのも同じ3日後からです。

術後1週間になりようやく目の周りの化粧が許可され軽い運動も可能となります。そして運転ができるようになるのもちょうどこの時期です。

最後に水泳や激しい運動ができるのが1ヶ月後からとなり通常の生活となんら変わりない生活が許可されます。

前述でも述べましたが回復の程度には個人差があります。あくまで一般的な制限期間です。専門医の確認は必ず行うようにしなければなりません。


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


レーシック関連情報
 レーシック手術後の生活制限
 最新機器が整った医院を選ぶ
 進化するレーシック技術
 レーシック手術件数が急増
 花粉症の時期は避けよう
 レーシックで問題発生
 レーシック体験談
 レーシック用語集



レーシック比較最前線