レーシック比較最前線

近視・乱視・遠視の仕組み


近視・乱視・遠視などの種類がありますが、その仕組みは一体どういうものなのかを図を利用して解説してみたいと思います。目はカメラとその構造は似ておりレンズの役目である水晶体により屈折させフィルムである網膜で見える仕組みです。

目の仕組み
これが奥行きが長い、角膜のカーブがきついなどの理由で焦点が手前にきてしまう状態を近視と言われます。

近視図解
反対に屈折率に対して奥行きが短い状態が遠視と呼ばれる状態です
遠視図解
最後に乱視です。これは光を一点に集中させることができない状態です。角膜の歪みが主な原因でダブったりぼやけて見えてしまう状態です。
乱視図解
管理人も間違った解釈をしていたのですが、遠視は遠くのものは見えると言う状態だと思っておりましたが遠くの景色も同じようにピントが合っていない状態なので見えるという訳ではないそうです。

簡単に近視・乱視・遠視のメカニズムをご説明しましたが、自分がどの状態なのかを知ることにより、なぜ、ぼやけて見えるのか、なぜダブって見えるのかが分かっていただけたと思います。


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


レーシック基礎知識
 レーシックって何?
 LASEK(ラセック)とは
 近視・乱視・遠視の仕組み
 レーシックのメリット
 レーシックのデメリット
 手術失敗の可能性は?
 金額だけで決めない
 手術の痛みはどれくらい?



レーシック比較最前線